乾燥肌に効くサプリランキング@潤い肌になりたい方必見

乾燥肌に効くサプリ

お肌のトラブルは色々ありますが、その原因となるのが肌の乾燥です。保湿はお肌トラブル改善の基本。ですが、乾燥肌であると通常の化粧水やクリーム・美容液で保湿しても、潤い肌には近づけません。

 

といのも、乾燥肌の人は体の中の潤いも失われているから。肌の上からの保湿の前に、体の中から潤い成分を補って土台を整えてあげましょう。それには、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタ、コラーゲンが効果的。当サイトでは、乾燥肌に効く成分を配合した、潤いUPサプリをご紹介します。今度こそ潤い肌になりたい方、必見です。

 

ヒアロモイスチャー240の特徴

ヒアロモイスチャー240は、高純度ヒアルロン酸が摂れるサプリです。ヒアルロン酸は肌の水分保持に役立ち、お肌の乾燥を緩和します。年齢とともに体内のヒアルロン酸は減ってしまいますが、ヒアルロン酸を飲めば肌の潤いを保てることが実験で分かっています。キューピーが30年以上研究した成果を結集した、潤い肌サプリです。1日めやす4粒に、ヒアルロン酸240r配合。食品会社の安心をもつ、機能性表示食品です。

価格 1,780円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒ヒアルロン酸240r配合

 

エイジングリペアの特徴

エイジングリペアは、馬プラセンタ配合のサプリです。肌の新陳代謝を促進して、肌環境を整えるプラセンタを配合。保水力の高いデルマタン硫酸をプラスして、潤いのある土台へとサポート。ヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチンが相乗効果で潤いある肌へ。1日めやす1包(4粒)に、飲みやすい小粒の錠剤が入っています。成分の酸化を防ぐアルミ包装で安心。

価格 4,400円
評価 評価5
備考 1日めやす1包(4粒)美容成分900mg配合

 

プラセンタファインの特徴

プラセンタファインは、馬プラセンタ配合のサプリです。プラセンタは、肌の新陳代謝を促して、潤いある土台を整えます。馬プラセンタのほか、9種の成分を配合して相乗効果で肌の潤いをサポート。もちろん、フィッシュコラーゲンやヒアルロン酸も配合しています。独自比率配合が馬プラセンタの吸収力を高めます。1日めやす1カプセルに、馬プラセンタ185r配合。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 1日めやす1カプセル馬プラセンタ185r配合

 

乾燥肌は放っておく恐い!シワ、ニキビなど肌荒れの原因に

 

乾燥肌の恐ろしいところは、シワやシミ、ニキビなど他の肌荒れの原因となってしまう点です。若いうちは皮脂や美容成分が十分に分泌されているため、どんな生活をしていてもそれほど肌荒れは目立たないもの。

 

しかし、30代近くもなってくると、美容成分の分泌は減少し、皮脂のバランスも悪くなってきます。すると肌の調子に異変が生じてくるのですが、すぐには乾燥が原因だとは気づきにくいのが困ったところです。ここでは、乾燥肌を放っておくといかに危険かについてお話しましょう。

 

皮脂は肌のバリア機能

 

ニキビの原因にもなり得る皮脂は、ないほうがいいと考える人もいます。肌がサラサラしているほうが、心地がいいと感じる人もいるのです。

 

しかし、皮脂は本来肌にうるおいを与えて外敵からも守るために存在しています。過剰な皮脂はニキビなどの原因にもなりますが、適度な皮脂は健康的な肌でいるために必要不可欠なのです。肌は本来、しっとりした状態が最高。サラサラしているようでは、乾燥が進んでいるかもしれないと疑ったほうがよいでしょう。

 

適度な皮脂の分泌

 

乾燥肌は、シミやシワ、ニキビなどの原因になってしまいます。理由は、肌を守ってくれるバリア機能を肌が失ってしまうから。必要な皮脂がない肌は無防備な状態になり、紫外線にも弱くなります。

 

細菌にも侵されやすくなり、ニキビを悪化させてしまうこともあるでしょう。ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因ですが、皮脂が過剰に分泌されるのは皮脂の少なさを察知した脳が余計に皮脂を分泌させるからなのです。

 

肌が適度に潤っていれば、過剰に皮脂が分泌されることもありません。ただ、化粧品だけで潤いをもたらそうとしても、内面にうるおいが整っていなければ皮脂は正常に整っていきません。

 

乾燥肌の原因はなに?どんな人がなりやすいの?

 

乾燥肌の原因は、様々です。外的な要因もありますし、内的な要因もあります。ここでは、乾燥肌の原因やどんな人が乾燥肌になりやすいのかについてお話しましょう。

 

乾燥肌の原因

 

肌は、大気が乾燥していたり紫外線を浴びることでも乾燥してきます。もちろん、室内でエアコンをガンガンに利かせていることも、乾燥の原因となります。間違ったスキンケアで肌に余計な刺激を与えてしまうことも、乾燥につながります。

 

肌に必要な皮脂まで落としてしまえば、当然肌はうるおいをなくして、なおかつ外敵からバリアする機能も失ってどんどん乾燥してしまうのです。栄養のバランスの悪い食事をしている場合も、乾燥肌になってしまいます。

 

極端な食事制限をしていたり、加工食品を摂り過ぎているのも悪影響。必要な栄養をとらず、不要な物質が増えていくようでは、肌は悲鳴を上げて当然です。ストレスをため込んでしまっていたり、睡眠不足の場合も、健康的な肌の働きが弱まって乾燥肌になる恐れがあります。喫煙や血流の悪さなども、肌を乾燥させる悪因の一つです。

 

乾燥肌になりやすい人

 

乾燥肌の原因を一つでも抱えている人は、乾燥肌になりやすい人だといえるでしょう。栄養バランスのとれた食事をせず、合成添加物の多い加工食品やお菓子ばかり食べていたり、夜更かしが習慣になっている人も要注意。

 

生まれつき代謝があまりよくない人は、意識して入浴をしたり運動して汗をかくようにしないと、いつまで経っても血流が低下した体質から抜け出せません。室内で、いつも同じ姿勢のままでいるような人も、血流が低下する恐れがあり、代謝に影響して肌のターンオーバーが乱れる可能性が高いです。エアコンの利いた室内にばかりいないで、休み時間には少しでも新鮮な空気を吸いに出るようにしましょう。

 

乾燥肌にならないためのスキンケアの仕方

 

乾燥肌は、スキンケアの方法一つでも悪化したり改善できたりします。ここでは、乾燥肌にならないためのスキンケアの方法についてお話しましょう。すでに乾燥肌になってしまっている方も、スキンケアの方法を見直すだけで改善してくるものです。

 

刺激の強い成分配合を避ける

 

化粧品の配合成分の中には、刺激が強すぎるタイプもあります。肌に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまうような成分では、スキンケアどころか逆に乾燥が進んでしまいます。既に乾燥肌の人は、刺激に弱い肌質になっています。合成の添加物が使用されているような化粧品は避けて、低刺激成分の化粧品を選んで使うことをおすすめします。

 

物理的な刺激を抑える

 

化粧品の成分以外にも、肌に刺激を与えてしまう要素はあります。それは、スキンケアをするときの手や指、水やお湯、タオル、ブラシやネットなどです。洗顔をブラシやネットで行う人も少なくありませんが、乾燥肌の人はできるだけ避けておいたほうがよいでしょう。

 

洗顔料の泡立てにネットを使うならよいのですが、作った泡は肌に乗せてやさしく転がすような感じで洗顔するのが乾燥を防ぐ秘訣です。水やお湯でバシャバシャと顔をすすぐのも、よくありません。やさしくすすぐようにするだけでも、肌への刺激は抑えられます。そもそも、お湯は皮脂を溶かしてしまう力をもっています。

 

32度から35度の低温でも皮脂が溶け出してくるため、温かいと感じない程度のぬるま湯で洗顔をするようにしましょう。顔はこすったり叩いたりせず、タオルで水気をとるときにもポンポンとやさしくあてるようにしてください。そのためには、タオルの布質にも気を遣うことが大切です。洗顔後に化粧品を肌に付けるときにも、よく注意してください。

 

乾燥肌は体質改善が重要!摂りたいサプリ成分

 

肌が乾燥してくるときは、すでに体質に異変が生じている可能性があります。つまり、保湿化粧品でせっせと潤いをもたらそうと思っても、上手くいかない可能性があるのです。どうにかするには、体質改善が必要。
そのためには、体の内側から潤いをもたらす必要があります。ここでは、乾燥肌の体質改善のためにおすすめのサプリ成分についてお話しましょう。

 

セラミドとヒアルロン酸

 

セラミドとヒアルロン酸は、もともと身体に存在し、肌の水分を保ってくれている成分です。セラミドは表皮に、ヒアルロン酸は真皮に存在し、それぞれ潤いをもたらす役割を果たしています。年齢と共に減少してくる成分ですから、サプリメントとして補給すれば、乾燥肌を防ぐ役に立つでしょう。

 

コラーゲン

 

乾燥肌を防ぐためにたんぱく質が必要ですが、美肌成分といえばコラーゲン。コラーゲンはたんぱく質が体内でアミノ酸に分解され、再合成された成分です。加齢と共に減少してくるため、コラーゲンがサプリメントに配合されているのは効果的。プロテインでたんぱく質を摂取するという手もありますが、肌のことを考え作られたサプリメントにはコラーゲンが選ばれている商品が多いもの。相性の良い配合バランスも考えると、乾燥肌対策にはコラーゲン製品がいいかもしれません。

 

プラセンタ

 

美肌に万能な力を発揮してくれるようなイメージを持たれている、プラセンタ。細胞を活性化させる作用が非常に高いため、他の成分では効果を実感できなかった人にも試してみる価値があるでしょう。細胞が活性化されなければ、肌は正常にターンオーバーしてくれません。プラセンタにはターンオーバーを促す作用も持っているため、様々な肌作用に期待がもたれているのです。

 

乾燥肌に効くサプリの飲み方

 

乾燥肌を改善するために化粧品を使っても、化粧品では対処が追い付かないこともあります。そもそもは、食べたものが肌の栄養となり、肌を正常に機能させてくれるのですから、食生活を整えるのが一番。ただ、栄養バランスのとれた食事を日常的にとるのが難しいという場合は、サプリメントで補強するのも有効です。ここでは、乾燥肌に効くサプリメントの飲み方についてお話しましょう。

 

乾燥肌改善に鍵を握る栄養素

 

本来は、健康的な食生活をごく普通に送っていれば、肌に必要な栄養が不足するようなことはないはずです。しかし、現代人の食生活には、体に悪影響を与える合成の添加物が含まれた加工食品が浸透しており、さらにはダイエットをしたり飲酒や偏食をする人も多く、食事で栄養のバランスをとるのは難しくなってきています。

 

乾燥肌を防ぐために鍵となる栄養素には、たんぱく質やオメガ3系脂肪酸、亜鉛、ビタミン類などがあります。たんぱく質は皮膚の成分の大部分ですから理解できるかもしれませんが、亜鉛やオメガ3系脂肪酸については理解し難い部分があるかもしれません。

 

オメガ3系脂肪酸には細胞の再生や修復をする働きがあり、不足すると肌荒れが生じます。亜鉛も肌の健康を維持するために欠かせず、意識してとっておかないとシワシワの肌になってしまう可能性があります。

 

サプリメントはあくまでも食事の補給

 

サプリメントを摂取するからといって、食事をおろそかにしてはいけません。サプリメントで乾燥肌を改善しようと思ったら、合わせて食事を見直すきっかけにもしていきましょう。先に挙げた乾燥肌の改善に役立つ栄養素が含まれたサプリメントを補給的に飲むことで、栄養のバランス全体を良くしていくことが大切です。

更新履歴