タバコやストレスによる乾燥肌を改善するには

タバコやストレスによる乾燥肌を改善するには

タバコやストレスが乾燥肌につながるといったら、驚くでしょうか?実は、どちらも美しい肌を保つためにはマイナスの要因で、肌のうるおいを保つ成分を破壊してしまうことでも知られています。ここでは、タバコやストレスが肌の乾燥に与える影響についてお話しましょう。

 

百害あって一利なしのタバコ

 

タバコを吸うも吸わないも自由なのですが、タバコが間違いなく有害なのはタバコの製造販売会社も認めていることです。

 

百害あって一利なしといいますが、タバコを吸って得られるメリットは一時的な麻薬的効果のみでしょう。食欲がなくなってダイエットにいいという人もいますが、そんなことは長続きはしません。

 

栄養が不足すればダイエットには逆効果になりますから、タバコを吸って食事をしなくなるのはむしろ肥満につながります。肌への影響も大きく、活性酸素を大量に発生させるタバコの成分は乾燥肌の原因でもあります。コラーゲンの原料となるビタミンCを大量に消費させてしまうのも、デメリットの一つです。

 

ストレスによる肌乾燥

 

ストレスを受けやすい人、溜め込みやすい人も、肌を乾燥させがちです。なぜかといえば、ストレスを受けると肌を健康に保つ栄養素が消費されてしまうからです。本来はもっと肌をきれいに保つために働いてくれていいはずの栄養素が、ストレスを受けて消費されてしまうのです。

 

例えば、ビタミンB群やビタミンCがいい例です。ストレスは他のことで解消するようにし、乾燥から肌を守るために必要な栄養素の無駄遣いをしないようにしましょう。