乾燥肌からニキビが発生しやすい理由

乾燥肌からニキビが発生しやすい理由

ニキビの原因は皮脂と思っている人も多いかもしれませんが、元をたどれば実は肌の乾燥に行き当たります。ここでは、乾燥肌からなぜニキビが出来てしまうのかについてお話しましょう。

 

肌機能が低下して刺激に弱くなった乾燥肌

 

乾燥肌というと、ただ肌がカサカサしているだけと思うでしょうか?実は、乾燥した肌にはバリア機能が低下して、刺激に弱くなっているという困った問題があります。

 

だからこそ、進行した乾燥肌は、ちょっと保湿したくらいでは健康な肌に戻れないのです。紫外線にも弱くなり、ターンオーバーも乱れてどんな肌荒れが起きても不思議ではない状態になります。これが乾燥肌の正体で、全ての肌荒れの元凶といってもいいでしょう。

 

乾燥肌からニキビが発生する仕組み

 

肌が極度に乾燥してくると、脳が指令を出して余分に皮脂を分泌させようとします。そこで皮脂が大量に分泌されてしまうと、今度は皮脂が多過ぎるという問題が出てくることもあります。

 

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせ、悪い細菌を寄せ付けやすくなります。アクネ菌など、皮脂が大好物で、皮脂が過剰になればアクネ菌が増殖してしまう可能性が高いのです。

 

詰まった毛穴が新陳代謝を鈍らせるというトラブルが、生じることもあります。全ての悪因が高まると、ニキビが発生します。

 

乾燥肌は刺激にも弱くなっているため、ニキビをケアしようとして行ったスキンケアが間違っていたりすると、余計に乾燥してしまいます。このような悪循環が起こりやすく、乾燥肌は大敵なのです。