乾燥肌の改善にも欠かせないビタミンC

乾燥肌の改善にも欠かせないビタミンC

ビタミンCというと、美白の作用ばかりに注目されそうです。しかし、実は乾燥肌の改善にも一役買っているのをご存じでしょうか?ここでは、乾燥肌を防ぐためのビタミンCの役割についてお話しましょう。

 

強力な抗酸化

 

ビタミンCには、強力な抗酸化作用があります。抗酸化作用というと、最近ではどんどん新たな成分が発見されています。

 

しかし、ビタミンCの抗酸化作用も負けてはおらず、ロングセラーの人気なのです。抗酸化作用のメリットは、細胞を酸化させないということ。

 

細胞が活性化しなければ、肌は正常なターンオーバーを乱してしまいます。そのため、細胞の酸化を食い止めるビタミンCをとっていると、ターンオーバーの正常化にもつながってくるといえるでしょう。

 

コラーゲンの生成を助けているのも、ビタミンCの大きな役どころの一つ。コラーゲンは、何も肌のためだけに存在しているわけではなく、関節などでも重要な役割を果たしています。

 

体にうるおいをもたらす成分の生成に欠かせないのですから、不足すれば乾燥が進んでもおかしくありません。ビタミンCには血中のコレステロールを分解する力まであり、血流をよくしてくれます。するとターンオーバーが整うようになり、肌の乾燥を防ぐことにつながります。

 

ビタミンCのデメリット

 

ビタミンCにも、デメリットがあります。それは、体内で長時間持続してくれないという点です。最近では長時間持続型のビタミンCサプリメントも増えてきましたが、水溶性のビタミンですから必要以上の分はすぐに体外に排泄されてしまうのです。そのため、こまめに摂取して、効力を無駄にしないように注意することが大切です。